Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

315:グッドラック、梢選手!

2013/01/31 (Thu) 07:58
2013-01-31トルコ 20130131_134235.jpg
フランクフルトの合宿地トルコへ発つ梢選手


1月31日、梢選手がフランクフルトへ移籍することが発表されました。


梢選手にとって、慣れ親しんだクラブや地域の人々・生活と、より質の高いサッカーとの間の選択は、容易ではなかったようです。

30日、契約書にサインをした後、練習試合前のロッカールームで移籍の報告した際には「急に涙が出てきて全然話せなくなっちゃた」らしく、用意していた原稿をコーチに代読してもらい、普段ドライなチームメイトももらい泣きだったとか。

同じように、FCRにとっても、サッカーのレベル維持のためにトップ選手を引き止めたい気持ちと、選手を放出してチームを縮小しなければならないという財政状況の間での、苦しい決断だったようです。

そのような中で、梢選手とFCRとフランクフルトの三者が話し合いにより、移籍という結論に合意できたことを、喜ばしく思います。

チームメイトに報告したあと、練習試合の会場で、FCRの役員、スタッフ、コアファンの方々に、お礼とお別れの挨拶をして回っている梢選手の姿に、見ているものの目頭もついつい熱くなりました。



梢選手がDuisburgへ来たのはちょど3年前。この3年間のあいだに梢選手にはいろいろなことがありました。
ドイツカップ優勝、チャンピオンズリーグの準決勝進出、なでしこジャパンとしては、ドイツワールドカップ優勝、五輪銀メダルと素晴らしい功績を残してくれました。

しかし、一方で、数々の試練もありました。例えば、クラブの登録手続きミスでヨーロッパチャンピオンズリーグに出場できなかったときは「この大会に出るためにFCRを選んできたのに」と、初めて怒りをあらわにしていました。W杯後に生まれて初めての大きな怪我を体験し、極限に挑戦するかのような過酷なリハビリを行っている時に、周囲から治療の仕方についてひどい理不尽なバッシングを受けたときは、初めて皆の前で流す涙を見ました。
それでも、梢選手はいつも、持ち前の精神力で、その試練からすぐに這い上がってきました。


しかし、ここ数週間、FCRが破産の申立を公表してからは、梢選手は苦しみ続けていたようでした。何よりも「サッカーができない」「サッカーがしたい」という梢選手の呟きが悲しげでした。サッカーのためにだけに、「外国」から来た「プロ選手」には、サッカーができないという事態は深刻でした。

2013-01-24 雪ピッチ
2013-01-24yuki
一面雪のFCRのピッチ


2013-01-27 室内コート
財政難のせいか、屋内コートすら借りず、ひたすら筋トレを続けるFCRのトレーニングにしびれを切らし、休みの日に自前で屋内コートでトレーニングをした梢選手。となりで練習試合をしていた地域クラブの監督に声をかけられ、久々にサッカーで汗を流す!
クラブ監督:「すごい技術の持ち主だ。スーパー!」
クラブの子:「うちのクラブに加入しない?fcrよりサッカーが出来るよ!」



安心して「サッカーができる」環境を、そしてプロ選手としてより上を目指せる環境を、神様が梢選手に与えてくれたことに、後援者の私たちも安堵するとともに、Frankfurtという強豪チームでの梢選手の新たな挑戦を楽しみにしています。

S_2012_10_18_10_52_18.jpg
梢選手・フランクフルトが合宿中滞在しているホテル(トルコ) すご!


安藤梢選手Duisburg後援会は、新しい地での梢選手のご活躍及びご健康と、FCRの再建を心からお祈りしたいと思います。


これまで、サッカーの知識ゼロだった後援会メンバー(管理人含む)に、苛立つことなく常に暖かく接してくださった梢選手、このブログを訪問してくださった皆様に、心より御礼申し上げます。


このブログの今後につきましては、しばらく検討した上で、このブログにて改めてお知らせいたします。

がんばれ、梢選手!
がんばれ、FCR!


[報道]
なでしこ安藤、フランクフルトに電撃移籍 スポーツ報知 2月1日(金)

なでしこ安藤 独1部フランクフルトへ移籍!熊谷と同僚に スポニチアネックス 2月1日(金)

なでしこFW安藤梢、フランクフルトへ移籍…DF熊谷紗希と同僚に – サッカーキング SOCCER KING 1月31日(木)

「【なでしこ】安藤がフランクフルト移籍」:MSN産経ニュース 2013.1.31
関連記事

タグ : 安藤梢 ブンデスリーガ


安藤梢選手報道(ドイツ)コメント(11)トラックバック(0)|

≪前の記事 ご報告
≫次の記事 FCR2001Duisburgが破産申告

コメント

2083:感謝!!

後援会のみなさまへ

安藤選手の移籍にまつわるブログを綴っていただき、ありがとうございます!
読んでいて自然に涙がこぼれてきました。

現地にお住まいのみなさまにとっては、安藤選手は誇りであったことでしょう。
異国の地で一人頑張っている安藤選手を支えていたのは間違いなく後援会さんや在日本人の方々だと思います。
よって、今回の移籍は嬉しい反面、大変辛いものと察します。

日本から応援している私たちにとって、馴染みのなかったDuisburgと言うチームと土地を紹介してくれたのは、安藤選手だけでなくこのブログでした。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです!


今後については未定とのことですが、何卒前向きな検討をよろしくお願い申し上げます。


後援会さまのみなさまのご多幸をお祈りいたします。

2013/02/01 04:30 | 姉さんファン #- URL [ 編集 ]
2084:いろいろお世話になっております

いつもこちらの情報を頼りに、ブログを書いたり、レッズの仲間に安藤選手の状況を伝えたりと、入団当初からたいへんお世話になっております。

現地で応援されて来た方々が、このような形でシーズン半ばにチームを去ることになり、大変寂しい思いをされているかとお察しします。
私も渡独以来FCRのファンとなり、このチームでタイトルを獲得する安藤選手が見たかったので残念です。

こちらのブログによる応援のおかげ様で、安藤選手が3年もドイツに在籍出来ているのでしょうし、ドイツリーグでの活躍や代表での栄冠を獲得する選手となれた、その影響力と貢献度は甚大なものがあると思っております。

どうかまた、出来ましたらどんな形であれ、応援ブログが継続されますことを心から願っております。



2013/02/01 04:40 | ugajin #- URL編集 ]
2088:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/02/01 06:52 | # [ 編集 ]
2089:管理人の皆様へ

「FCR2001Duisburgへようこそ」の管理人の皆様へお礼を申し上げたいと思います。
2011ワールドカップ時から急にファンになったので、このホームページがなければ全く安藤選手の動向は分かりませんでした。サッカーをしている姿だけでなく、ドイツの地でたくさんの人達の愛情に支えられながら頑張っている姿を感じることができて本当に大好きなサイトでした。こういう風に応援されている安藤選手は人としても素敵な人なんだろうなと感じさせてくれました。
これからももちろん続けていって欲しいですが、サイトの有無に関わらず、こちらの管理人さんの応援と愛情はずっと続いていくものと勝手に確信しております。
これまでのサイトの更新、お疲れ様でした&ありがとうございます。
ドイツはとても寒そうなので、風邪などひかれないようにご自愛下さい。


2013/02/01 07:01 | きょうこ #- URL [ 編集 ]
2093:

後援会のみなさま、今まで沢山の情報などありがとうございました。
移籍し安藤選手が良い環境でサッカーが出来るのはファンとしては正直うれしいです。
しかしFCR のファンを辞めてしまうのは
寂しいので、FCR とフランクフルトのファンとして安藤選手を応援していきたいと思います。
どうか引き続きはブログや情報を見られますように宜しくお願いします。

2013/02/01 14:13 | とも #WiWYpxaA URL [ 編集 ]
2095:

後援会の皆様、
いつも安藤選手やFCRの情報を知られていただき、
遠いドイツでの安藤選手の活躍を近くに感じる事ができました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
このブログにたくさんの元気をもらいました!
続けていただけたら本当に嬉しいです。

2013/02/01 17:39 | りょう #- URL [ 編集 ]
2102:ありがとうございました。

講演会の皆さま

今まで本当にありがとうございました。
栃木県出身者らしく(笑:私もですよ)、あまり派手ではなく、アピールもあまり上手ではない安藤選手。
そんな彼女の様子を丁寧に伝えてくださった皆さまに心より感謝いたします。
ここがなければ、彼女の動向を知ることができませんでした。
安藤選手のファンにとっては、本当に本当にありがたい場でした。
今後のことは未定とのことですが、様々な形で彼女を支え、ファンの思いにこたえてくださることを期待しています。

まずは、これまで本当にありがとうございました!!!

2013/02/03 07:45 | りりこ #4E6CbzQU URL [ 編集 ]
2105:ありがとうございました

後援会の皆様、いつも安藤選手やFCRの情報を知られていただき、 ありがとうございました。
日本にいる安藤選手のファンにとってこのブログは貴重な情報源でした。
正直なところ、ブログが継続されますことを心から願っております。

2013/02/03 17:40 | タケ #- URL [ 編集 ]
2106:あんち、移籍初ゴール、おめでとう!!

今、ブログ運営者さまのツイットを拝見しました。あんち、1得点したもよう。さすが、あんち、移籍後の初戦で、結果をだす。めちゃくちゃ、嬉しいです。あんちの本を今読んでいますが、ずっと、体幹、フィジカル等と鍛えている賜物ですね。今後とも、体をケアーしながら、がんばってね。マジで、フランクフルトのあんちにも期待しています☆

2013/02/03 18:35 | YKK #- URL [ 編集 ]
2139:ありがとうございました。感謝します!

ドイツでのあんちさんを知ることがなかなかできない中、このサイトにずいぶん助けていただきました。頭が良くて優しい努力家のあんちさんに多くの悩み苦しみがあったこと、そしてそれを見守ってこうして伝えてくださったことに心から感謝いたします。後援会の皆様あってこそのあんちさんだったと思います。引き続きあんちさんを応援していきます。後援会の皆様もお身体大切に。

2013/03/27 10:09 | ほたるいか #- URL [ 編集 ]
2140:新サイトへもどうぞ!

<新サイトオープン!>

梢選手の初戦に合わせて、新サイトをオープンしています。
本ブログお知らせ欄に掲載しましたが、気づきでない方もいらっしゃるようなので、再度お知らせします。

「世界でたたかうKOZUE」はこちら
http://kozueingermany.blog.fc2.com/

3年前、FCRサイドからのお話もあり、日本にいらっしゃる梢選手のご家族やご友人の方、そしてファンの方にみていただければ、と、素人ながらこのサイトを立ち上げました。皆様のご支援あって、ここまで続けることができました。
少し大きい文字
縁あってか、梢選手はドイツで引き続きプレーすることとなりました。梢選手やブンデスリーガに関わる情報をお伝えすることを目的に、いましばらくサイト運営という形での梢選手のサポートを続けてまいりたいと思います。

新サイトをオープンしましたので、ご覧いただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

安藤梢選手デュイスブルク後援会

2013/03/28 09:48 | 安藤梢デュイスブルク後援会 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。