Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

カテゴリ内記事一覧

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

178:CLポツダム第2戦観戦報告

2011/04/19 (Tue) 09:47
フル動画

「KOZUEのユニフォームを持っていないか?」
CL準決勝第2戦観戦のために、日本人4人でポツダムへ向かう車の中で、突然かかってきたFCRからの電話。どうやらFCRスタッフは、今日使う梢選手のユニフォームを取材で写真撮影に使用したことを忘れ、Duisburgにおいてきたらしい。いくら他称(注:自称ではありません)「梢マネージャ」の私でも持っているはずもない。

「なんとかする」
とはいうものの、ユニフォームがないせいでCLに出場できなくなったりしたら、前代未聞のスキャンダル!
思えば1年少々前、書類提出の不備により2010年CL出場資格が認められなかった試合があり、やり消えれない悔しさに耐え忍ぶ梢選手の姿を見た。今回こそは、そんなことになってほしくない。

結局、FCRは不出場の選手のユニフォームの背番号に黒テープを貼り、その上からさらに白テーピングテープで「26」「ANDO」と書いてユニフォームを手作り。しかし、選手の試合前のミーティングでは、左サイドの選手名欄が最初は空白のまま。

「また事務的不備で出られなくなるかもしれないなんて、、、」という不安に、1人落ち込む梢選手。そのとき、普段はガミガミ文句を言うのが得意なアニケ・クラーンAnnike Krahn選手が、梢選手をしっかり抱きしめ、「大丈夫だ、梢。きっと出られる。少々変なユニフォームになるかもしれないけど、プレーできないよりいいだろ!試合に集中して自分の分までがんばって!」と励まし、「今は梢を試合に集中させてあげてくれ」と、ほかの選手の質問攻めを制してくれたとか。いつも厳しいアニケがそんなに優しくしてくれるなんて、、、よかったね、梢選手。

因みにドイツ代表でもあるアニケ選手は、怪我のためここ半年以上治療とリハビリに専念していたけれど、最近少しずつ復帰している最中。

ようやく、ウォームアップぎりぎりの時間なってこのユニフォームでの出場が認められ、選手名欄にもANDOの名前が記入される。試合前の緊張感で張り詰めた雰囲気のロッカールームにいる梢選手に、「KOZUE、できたぞ!」とユニフォームが渡される。
皆の注目の中で手作りユニフォームに袖を通した梢選手を見て、「試合に集中 している/させてくれる」はずのみんなから失笑が。。。そう、ユニフォームが大きすぎ。なんてったって、このユニフォームは練習で代表選手たちをも吹き飛ばすほどの、圧巻の体格を誇るババ選手のユニフォーム。

↓右がババ選手
mk-rosalie-sirna_barbara_mueller.jpg

あんぐりしたり、くすくす笑ったりのチームメートも、慌てて「大丈夫、大丈夫!」と梢の肩を叩き、気持ちを試合へ集中!

こうしてなんとか困難を乗り切ったFCR、梢選手は短パンのウエストを二つ折りにし、袖を思い切りまくって登場。
CIMG1089_convert_20110420173059.jpg

会場は、総観客数4600人の大賑わい。Duisburgからも1000人のサポーターが駆けつけたらしい。今年まだ無冠のFCRに残されたタイトルチャンスは、CLのみ。選手にも応援団にも気合がみなぎるのが手に取るように感じられる。
CIMG1097_convert_20110420175556.jpg

CIMG1099_convert_20110420183656.jpg

今日のスタメンには、先週出ていたメンディ・イスラッカー選手とマリーナ・ヒミングホーフェン選手に代わって、梢選手と出場停止だったジモーネ・ラウダー選手が起用。
Start elf


試合は、序盤から速いスピードと勢いで展開。詳細は、「速報」「フル動画」にあるとおり。

ポツダムファンの間にさりげなく席をとった私たち。座るときに手を貸してくれたり、優しくされて心が痛む。「安藤梢」の垂れ幕を掲げに行って「それ、なんと書いてあるの?」ときかれたときは、心臓がバクバクしすぎて、私は思わず「ドイツ語がわからない日本人」の振る舞い。もう1人の仲間は、困った挙句に「僕もなんて書いてあるか、わかんないんですよ」とすばらしい返事で切り返す。

梢選手は、前半からとにかく激しく動き回り、チームの動きをリード。
この試合最初のシュートを放ったのは、梢選手。
Kozue gut
しかし、惜しくもキーパーに阻まれる。

前半の最初は、FCRがおしまくり。まだまだ余裕のキャプテン。
Inka anfang

梢選手は何度もボールを支配。
Kozue spring

「スペースが開くとKOZUEが来る(Maritn Mueller氏)」。梢選手を止めようとするTabea Kemme(Turbine)選手のディフェンスをドリブル突破して、、、、、
Kozue lass

シュート!
Kozue tor
これも惜しくもきまらず。。。。
ポツダムファンの「よくとめた!」の拍手に紛れて、私達は「梢、いいぞ!惜しいぞ!」の大拍手。

代表選手のジモーネ・ラウダー選手も得意の俊足を見せる。
Simone

同じく代表選手のリンダ・ブレソニック選手。
CLpotsdam6.jpg

CLがFCRでの最後の大試合となる、ベルギー元代表選手のフェムケ・マース選手。
Femke.jpg

こちらも代表選手のアレクサンドラ・ポップ選手。行け!U20世界杯得点王!
Popp.jpg

またまた梢選手が攻撃を仕掛ける!
normal_CL_2011_FFC_FCR_17042011_019.jpg

1対1にも負けない梢選手。4000人のポツダムファンからは何度もため息が。。。
normal_CL_2011_FFC_FCR_17042011_021.jpg

しかし、先制点を決めたのは、ポツダム。
スタジオは「ユーーーキーーーー!!!」の大コール。
GOAL.jpg
ポツダムファンにまぎれて座っていた私たちも肩をたたいて祝福されてしまった。
日本人選手の活躍はうれしいけれど、梢選手後援者としては、やっぱり喜べないぞ。。。。。

そんななかでも、決してあきらめないFCR梢選手。
ユニフォームが大きすぎることなんか、気にしてられません。
CLpotsdam3.jpg

座席があるものの、ポツダムファンの間での周囲に気を使いながらの応援に疲労しきった私たちは、後半FCRファンの立ち席へ移動。

「今日FCRで最も目立った(ZDF放送)」梢選手!
CLpotsdam9.jpg

今シーズンでの引退を表明した、オランダ代表アネミーケ・キーゼル選手も前の試合に引き続いて大活躍。好プレーが目立つ。
Mieke naga

ドイツ代表選手ゾニャ・フォス選手も力を振り絞る。
Vuss.jpg

梢選手と仲良し、ドイツ一の超俊足ジェニファー・オスター選手。
その後ろにはルイーザ・ベンジン選手。
CLpotsdam8.jpg

後半途中出場のテューリッド・クナーク選手も必死。
「テューリー」は日本人FCRファンの皆様の間で人気花丸急上昇中。
TURID.jpg

リンダ選手も最後まで走りぬく。今日ばかりは髪の乱れなんて気にしていられない!
Linda がんばる


そして、、、、試合終了。


座り込む梢選手。
kozue loss 1

倒れこむキャプテン・インカ選手。
Ia digests loss

ポツダムの選手達のお祝いムードを背中に、いつまでも座り込む選手達。
suwarikomi.jpg

CIMG1131_convert_20110420185843.jpg

Linda digests loss


選手生活で最後の大試合となった「ミーケ」選手は、黙って梢選手の傍に。
日本のサポーターの方から預かった「安藤梢」フラグもこの試合をしっかり見届けてくれた。
日本の皆さんの応援の気持ちも、梢選手の心に届いたことでしょう。
CIMG1127_convert_20110420182707.jpg

チームドクターが動けぬ梢選手の口にドリンクを流す。
Doktor_convert_20110420181344.jpg


ミーケ選手、長いサッカー選手生活、お疲れ様!
今日の試合でも最後まであきらめず多くの好プレーを見せてくれた二人、心からありがとう。
CIMG1138_convert_20110420185754.jpg


この敗戦により、5月26日の決勝戦進出だけではなく、来シーズンのCL出場権をも失ったFCR。厳しい雰囲気の中、しかし、多くの方が「梢は良かったぞ」「今日のベストプレーヤーだ」と声をかけてくれた。
梢選手も、試合後のインタビューにきたジャーナリストにも、監督にも、その他多くの人にも「好プレーだった」といわれ、「負けたゲームでほめられても。。。。」と戸惑いを隠せない様子。

CLを夢見てドイツ、FCRへやってきた梢選手。出場資格不認可事件に、元監督解任事件と次々にハプニングが。そして、代表選手7名を要する強豪チームがまさかの無冠。主要選手をフル出場させたかと思えば、ベンチに封じ込めてみたり、の新監督の新しい采配には疑問の声もある。決して状況が良いとはいえない。

しかし、梢選手はこの敗戦の中でもきっと大切な何かを得たことと思う。数々の苦難を乗り越え、また、きっとCLで羽ばたいてくれる日が来ることを祈りたい。

まずは、6月末に始まる女子サッカー・ワールドカップの優勝目指して、がんばれ!!!
スポンサーサイト

タグ : 安藤梢 UEFA


UEFA CL 報告/報道コメント(2)トラックバック(0)|

176:2011年4月17日 CL準決勝第2レッグ (速報)

2011/04/17 (Sun) 21:45
対ポツダムに1-0 (1-0)で惜敗。決勝進出ならず。

先週の第1レッグに続いて行われたアウェイ戦。第1レッグの結果(2-2の引き分け)により、FCRが決勝に進出するには、この試合で勝利するか、または3点以上の得点を挙げて引き分けに持ち込む必要があります。

一方先週2点のアウェイゴールを挙げたポツダムは、両チーム2点までなら引き分けでも決勝進出。しかもホームゲームでもあり、心理的にはポツダム優位でのキックオフとなりました。

先週残念ながら出場機会のなかった梢選手、今日はスタメンで登場です。

宿敵ポツダムの強固なディフェンスに阻まれ、得点チャンスまで持ち込めないFCR、キャプテンのインカ・グリングスInka Grings選手も精彩を欠いています。そんな中で前半数回、梢選手にゴールチャンスがありました。

試合開始後まもなく、左サイドでジモーネ・ラウダーSimone Laudehr選手からボールを受けた梢選手が、ゴール前5メートルからシュート!これはポツダムのキーパーが抑えます。

さらに17分にはドリブルからのゴールを狙いますが、これも残念ながらキーパーがクリア。

そして前半40分、ポツダムは左サイドからのセンタリングパスをペナルティエリア内で受けた永里選手がゴールし、1-0としました。

後半は両チームとも得点なしのまま進み、結局ポツダムが勝利。FCRは昨年同様、準決勝で宿敵ポツダムに破れ、チャンピオンズリーグ決勝進出を逃しました。

試合は残念な結果に終わりましたが、フル出場した梢選手は、先週出場できなかった分を取り返すかのようなナイスプレーが続き、FCRのオフィシャルサイトでも「花火が弾けるようにプレーを楽しんでいた。素晴らしい活躍ぶりだった」と高い評価を受けています。

またこの試合をtテレビ中継したZDRの実況でも、「得点を挙げたナガサト、デュイスブルグで存在感を見せたアンドウ、この二人の能力を見ると日本の女子サッカーが高いレベルにあることは明白。今年夏のワールドカップでの日本チームの戦いが楽しみだ」と絶賛されていました。

今シーズンリーグ戦3位のデュイスブルグは、来シーズンのチャンピオンズリーグへの出場資格を獲得できませんでしたが、また再来年に向けて頑張って欲しいです。ひとまずお疲れ様でした。

FCR: Bellinghoven; , Wensing, Kiesel, Fuss, Bresonik; Oster (70. Weichelt), Maes (59. Knaak), Laudehr, Ando; Popp, Grings.
UEFA CL 報告/報道コメント(1)トラックバック(0)|

175:2011年4月09日 CL準決勝第1レッグ(速報)

2011/04/09 (Sat) 21:51
対ポツダム戦 2-2(2-2)で引き分け

宿敵ポツダムをホームに迎えて行われたチャンピオンズリーグ準決勝第1レッグは、両チームとも一歩も譲らない激しい戦いの末、2-2の引き分けで終わりました。

FCRの得点はキャプテンのインカ・グリングス選手(31分)とジェニファー・オースター選手(42分)。梢選手は残念ながら出場機会がありませんでした。

決戦の第2レッグは来週末の4月17日(日)、舞台をポツダムに移して行われます。

FCR: Bellinghoven; Himmighofen (71. Krahn), Wensing, Kiesel, Fuss, Oster, Bresonik, Maes, Islacker (78. Knaak), Popp, Grings.
UEFA CL 報告/報道コメント(0)トラックバック(0)|

174:CL準々決勝 第2戦 2-1(1-0)でEvertonに勝利!!

2011/03/23 (Wed) 18:39
準決勝進出!!

先週のアウェイ戦に引き続き、FCRのホーム、PCCスタジアムで2戦目が行われました。

アウェイ戦で3得点を挙げて勝利したFCR。先週体調不良のため欠場したキャプテン、インカ・グリングスInka Grings選手は復帰しましたが、DFアレクサンドラ・ポップAlexsandra Popp選手がイエローカードの累積により出場できず、さらにDFルイーザ・ヴェンシングLuisa Wensing選手が体調不良で欠場という、DFにやや不安を抱えてのスタートです。

FCRは前半にコーナーからマンディ・イスラッカーMandy Islacker選手が上げたボールを、ジモーネ・ラウダーSimone Laudher選手がヘディングでゴール左上に決めて先制します。後半にはエヴァートンの選手がペナルティエリア内でフェムケ・マースFemke Maes選手に対してファウル。PKをキャプテンのグリングス選手が冷静にゴールして追加点を挙げました。

終了間近にエヴァートンに得点を許しますが、2-1で試合終了。3年連続でチャンピオンリーグ準決勝進出を決めました。

梢選手は左サイドで先発出場。スピードとテクニックを活かしたナイスプレーを見せてくれました。後半の50分過ぎにテューリッド・クナークTurid Knaak選手と交代となってしまったのはとても残念でしたが、交代の時にはたくさんのファンから「ダンケ、コズエ!!」の声が飛び交っていました。

今日の試合には、昨年8月に開催されたCL予選で膝を負傷し、手術、リハビリと長期にわたって離脱を余儀なくされていたDFアニケ・クラーンAnike Krahn選手が後半途中から交代出場しました。先週まで2軍の試合等で調整していたというクラーン選手、半年以上のブランクの後、ようやく元気にプレーする姿を見せてくれて、スタンドは大喝采となりました。

FCRにとってのショックは、MFの要で今日も先取点を挙げたラウダー選手がこの試合でイエローカードを受け、累積により準決勝1戦目に出場できなくなったことです。

準決勝の対戦相手は宿敵ポツダム!去年も準決勝でポツダムと対戦し、無念にも敗退となってしまった苦い経験があります。ホームでの試合は4月09日です。頑張れFCR! 頑張れ梢選手!!

FCR: Bellinghoven; Himmighofen, Kiesel, Fuss (58. Krahn), van Bonn (71. Bresonik); Oster, Laudehr, Maes, Ando (55. Knaak); Islacker, Grings.

UEFA CL 報告/報道コメント(0)トラックバック(0)|

173:CL準々決勝 第1戦 3-1でEvertonに勝利

2011/03/17 (Thu) 23:52
ヨーロッパ・チャンピオンズリーグ順々決勝戦の第1戦は、イングランドのエヴァートンEvertonと対戦し、3-1でFCRが勝ちました。

インカ・グリングス選手とリンダ・ブレソニク選手が体調を決して欠場。梢選手は、サイドのスタメンでした。
前半は0-0で終了。52分に梢選手が先制点を決め、続いて59分にポップ・アレクサンダー選手が2点目。60分にエヴァートンに点を許しますが、65分に再びポップ選手がゴールを決めて、そのまま勝利に持ち込みました。

準々決勝の第2戦は、3月23日水曜日15時からFCRのホーム、PCCスタジアムにて行われます。

宿敵ポツダムは、フランスのJuvisy Essonneに3-0で勝利しています。


この調子で、がんばれ、FCR!


UEFA CL 報告/報道コメント(0)トラックバック(0)|

ブログ TOP » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。