Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

72:凱旋トークショーとディナーショー レポート

2010/06/26 (Sat) 05:39
6月25日(金)、浦和パルコにて、梢選手の凱旋トークショーとディナーショーが行われ、ともに大成功を収めました。

浦和レッズ時代の梢選手を熱心に支え続けたサポーターたちにとって、この日は梢選手との久しぶりの再会。彼ら、彼女らは、梢選手がドイツへ行ってからも変わらずに応援しているのだという様子が両イベントを通じて伝わってきました。
(文責・江橋よしのり=両イベントの司会を担当しました)

【トークショー】
この日の早朝(日本時間)に男子日本代表がワールドカップのベスト16進出を決めた絶好のタイミングとあって、偶然通りかかった買い物客も「日本代表サッカー選手」である梢選手の生トークに聞き入りました。会場に用意された椅子がすべて埋まり、立ち見客も出たほどの盛況ぶりでした。
IMG_2488.jpg

トーク内で「浦和レッズのサポーターの応援は、本場欧州に負けてない」と梢選手が話すと、会場に詰めかけた浦和サポーターから大きな拍手がわき起こります。
そこでさらに梢選手が「FCRデュイスブルクと浦和レッズレディースで親善試合ができたら嬉しい」とたたみかけると、拍手は何倍にもふくれ上がりました。
IMG_2518.jpg


【ディナーショー】
こちらも予定数50名を上回る多数のお客さんが詰めかけました。
梢選手が小学生の頃に所属した「河内SCジュベニール」の故・阿満監督の奥様とお嬢様がサプライズゲストとして登場。小学生時代の写真や手紙を持参して、梢選手をびっくりさせてくれました。
7月9日生まれの梢選手の誕生日を「ちょっと早いけれど日本にいるうちに」ということで、参加者みんなでお祝いもしました。

IMG_2544.jpg


また、ドイツ関連企業・団体も、梢選手ディナーショーを厚くサポートしました。

イエナ社(www.jena.co.jp)は高級ビール「ラーデベルガー・ピルスナー」を、ハライコジャパン社(www.hareico.com)は白ソーセージ「グローベブラートブルスト」を、それぞれ参加者にふるまってくださいました。そしてドイツ観光局(www.germany.travel)からは広報担当者さんがイベントに駆けつけ、梢選手と一緒にドイツ観光の魅力を伝えてくれました。

これらの企業・団体から協賛、協力を得られるのも、梢選手がサッカーを通じて日・独両国の人々の架け橋となっているからでしょう。

そしてご参加されたお客様にとっても、よき想い出の一日となったことと思います。来シーズンはぜひドイツで、FCRデュイスブルクの、そしてなでしこジャパンの梢選手を応援しましょう!

関連記事

安藤梢選手報道(日本)コメント(2)トラックバック(0)|

ブログ TOP » 次のページ