Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

255:最終節 

2012/06/01 (Fri) 21:21
5月28日、聖霊降臨祭の月曜日、女子ブンデスリーガの最終節の試合が一斉に行われました。

先週の21節までの結果により,優勝争いは1位のポツダムと2位のヴォルフスブルクに絞られ,3位のFCRデュイスブルクは,4位のフランクフルトと3位決定戦。

その結果,,,,,
FCRはゴール合戦の末,5-1でフランクフルトに破れ3位の座を譲ってしまいました。
この試合で最初の点をもたらしたのは,なんと,熊谷紗希選手。威力のある立派なミドルシュートでした。
得点者は,以下の通り。
フランクフルト:Saki Kumagai (2. Minute), Kerstin Garefrekes (56.), Melanie Behringer (66.), Dzsenifer Marozsan (80.) Ana-Maria Crnogorcevic (83.)
デュイスブルク:
Mandy Islacker (18., 62.) Glhiye Cengiz (19.)


梢選手はスタメン左サイドで登場,復帰後2戦目にしてフル出場を果たしました。序盤は思うように体が動いていないようでしたが,すぐに調子を上げ,素晴らしいスピードで90分間走り回っていました。試合後も以前のように足を引きずる様子もなく,リハビリの成果を見て取るようでした。

後援会の仲間が撮ってくれた,貴重な映像は,ここ↓。
全ゴールシーン
梢選手&熊谷紗希選手


順位が確定しつつあるリーグ戦終盤は,選手のモチベーション保持が難しいだろうとは思いますが,この試合の翌日からヨーロッパ選手権予選の合宿を控えていて怪我や疲労を心配したからか,ドイツ代表選手達の勝利へのこだわりが非情に薄いように感じました。そんなドイツ人選手達に,梢選手も熊谷紗希選手も少々イライラした様子でした。

永里選手のいるポツダムは最下位のLeipzgに8-0という大差で勝利し,優勝に輝きました。一方,2位のヴォルフスブルクは5位のEssen相手にまさかの引き分け。監督は,「優勝の可能性が低かったため,モチベーションの問題があった」と弁明。「最後まで諦めず,戦い抜く」なでしこジャパンとのメンタリティの違いを見る思いです。


さて,泣いても笑っても,今シーズンはこれで終了。
来独当初からリーグ戦での優勝にこだわりを持っていた梢選手ではありますが,すでに気持ちを切り替え,オリンピックへ向けてのトレーニング計画を携え,日本へ発ちました。
来シーズン,FCRは梢選手の残留を希望していますが,移籍の可能性も否定できない様子。

何はともあれ,まずは体の調子をしっかり整え,オリンピック目指して
がんばれ梢選手!!

フォトギャラリー FCRサイトより
関連記事
スポンサーサイト

タグ : 安藤梢 ブンデスリーガ


ブンデスリーガ 報告/報道コメント(15)トラックバック(0)|

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。