Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

114:2010年09月11日 フランクフルト戦

2010/09/14 (Tue) 20:40
ブンデスリーガ戦、今シーズン初の敗戦・・・

ハイライト動画

このところホームの試合ではお天気に恵まれなかったFCRですが、この日は久しぶりの秋晴れ。気温も26度まで上がり、スポーツ観戦には絶好の土曜日となりました。
そのためか観客数はFCRの試合としては今シーズン最多の1520人。・・・と言うと少ないように感じるかもしれませんが、女子ブンデスリーガ戦では人気のあるチームでも1試合の観客数が1000人前後、上位に登場しないチームとなると400~500人程度なので、まだシーズンが始まって間もないこの時期に1500人動員というのは、FCRの人気の証なのです。

故障者を複数抱えたFCRのマルティナ・フォス・テクレンブルグMartina Voss Tecklenburg監督、前日まで「明日誰が試合に出られるのか判らない」と言っていましたが、キックオフを前にピッチに登場した11人は、現在のFCRとして望めるベストメンバーでした。

先週の試合には出場できなかったDFリンダ・ブレソニックLinda Bresonik選手、先週は足の痛みを我慢しながらプレーしていたキャプテンFWインカ・グリングスInka Grings選手、DFアレクサンドラ・ポップAlexsandra Popp選手、今週になって何日か練習を休んでいたというMFジモーネ・ラウダーSimone Laudehr選手・・・皆なんとかプレーできるコンディションのようです。そして梢選手、今日も元気にスタメンで登場です。

11-09-10 circle
キックオフ前に円陣を組むFCRの選手たち。左から4人目が梢選手。

昨年のブンデスリーガ2位(FCR)対3位(フランクフルト)の試合とあって、序盤から両チームとも積極的に攻撃に出ます。しかし実力が拮抗した2チームの試合だけに、ペナルティ・エリアの中までボールが運ばれることはほとんどありませんでした。

FCRは前半11分にスローインを受けた梢選手がゴール近くまでボールを運び、グリングス選手にパス。グリングス選手がゴールを狙ってシュートしますが、キーパーに抑えられてしまいます。25分にはジェニファー・オースターJennifer Oster選手が右サイドからのドリブルでゴールを狙いましたが、これもキーパーがはじき返し、こぼれ球を狙った梢選手もあと一歩のところで届かず。うーん、フランクフルトのアンゲラーAngerer選手、さすがにドイツ代表チームのキーパーを務めるだけのことはあります。

11-09-10 kozue1
試合序盤から激しいぶつかり合いが続きます。

最初の得点が入ったのは34分、フランクフルトのマロツザンMarozsan選手が右サイド17メートルから斜めに放ったシュートがゴール左上を捉え、0-1とフランクフルトがリード。その後45分まで両チームとも得点はなく、0-1のまま前半終了となりました。

<後半8分同点に追いつくも・・・>
そして後半。
グリングス選手との2トップの1角を担う梢選手、フランクフルトのDFにがっちりマークされています。
開始間もなくこのプレー(↓)で、フランクフルトのフートHuth選手にイエローカードが出されました。

11-09-10 kozue faul
こらーっ!!掴むなーっ!!観客席からも大ブーイングが。

さらに数分後、ゴール右サイドから攻め込む梢選手がファウルを受け、FCRのフリーキックです。
そして上がったボールがフランクフルトのDF選手の頭を越えたところで、FCRのポップ選手がヘディング。これをラウダー選手が再度ヘディングして、ゴール前にいたブレソニック選手が受けてシュート!決まったー!!

11-09-10 Popp
U20ワールドカップ大会得点王のポップ選手。ヘディングが強い!!
左端がラウダー選手、背番号10番がこの後ゴールを決めるブレソニック選手



11-09-10 Linda shoot
シーズンオフに膝の手術を受けたブレソニック選手。
まだ完全復活ではないそうですが、決めてくれました!


11-09-10 Linda-Inka
ブレソニック選手と抱き合って喜ぶグリングス選手。

76分、梢選手がシュテファニー・ヴァイヒェルトStefannie Weichelt選手に交代。実はこの時、観客席からは軽いどよめきが起こりました。ヴァイヒェルト選手は今シーズンFCRに移籍してきた選手なのですが、開幕前からずっと故障していて、これまで試合には参戦していなかった選手なのです。緊迫した戦況のこのタイミングで、アンドウに替えてこの選手?というどよめきだったようです。

その後両チームとも何度かゴールを狙いますが、どちらも得点には至らず。観客のほとんどが「このまま引き分けか」と思い始めた88分・・・フランクフルトが右サイドからの急襲を掛け、最後はゴール前にいたポーラースPohlers選手にパス。これがあっさりとゴールに入ってしまい・・・1-2。

しかし最後まで諦めないFCRは、試合終了間際にラウダー選手がDFを3人、4人とかわしながらコートの4分の3を素晴らしいドリブルで走り抜き、最後にシュートを試みます。しかしこのシュートを蹴り損なってしまいゴールならず。あぁ~・・ラウダー選手も相当悔しそうでした。

そして試合終了。対フランクフルト戦は昨シーズンの17節、3月20日に0-2で負けたのに続き、2連敗となってしまいました。頑張れ!FCR!!


FCR: Holl; Himminghofen, Bresonik, Kiesel, Popp; Laudehr; Oster (77 Islacker), Maes, Knaak; Ando (76 Weichelt), Grings
得点:Marozsan (0-1), Bresonik (1-1), Pohlers (1-2)

(後援会 H.T. 写真はすべてFCR2001 Mediathek提供)
関連記事

ブンデスリーガ 報告/報道コメント(1)トラックバック(0)|

≪前の記事 2010年 9月19日 ヘアフォードHerford戦<速報>
≫次の記事 DFB女子カップ 次の対戦相手はVfL Wolfsburg

コメント

55:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/09/17 13:13 | # [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP