Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

120:2010年 9月26日 ポツダム戦

2010/10/01 (Fri) 21:43
強豪ポツダムとの対戦は引き分け

ハイライト動画
フル動画

ブンデスリーガ(BL)戦第7節。試合開始前のBLランキングでは1位のポツダムとそれを追うFCR、1位、2位の直接対決となりました。

怪我で戦線離脱中の選手や、怪我から復帰してきたばかりの選手が何人もいる難しい状態のFCR。采配を振るうマルティナ・フォス・テクレンブルグMartina Voss-Tecklenburg監督は、スタメンを替え、ポジションを替え、と新しいフォーメーションを試行錯誤中です。

そしてこのポツダム戦では、過去1ヶ月ほどジュニアのW杯出場のため不在だった17歳のディフェンス、ルイーザ・ヴェンジングLouisa Wensing選手が戻って来たこともあり、ディフェンスに定着していたアレクサンドラ・ポップAlexsandra Popp選手をフォワードに起用。このところスタメンで出場することが多かったフォワードの梢選手、テューリッド・クナークTurid Knaak選手が控えに回りました。

<最初の得点はPK>
試合開始直後から、高いレベルの戦いが展開されます。ポツダムにもFCRにもゴールチャンスがありましたが、得点には結びつきませんでした。
しかし13分、ペナルティエリアの右端でジェニファー・オースターJennifer Oster選手がポツダム在籍の日本人、永里選手に対するファウルを取られ、ポツダムのPKとなってしまいます。ゴールを狙うのはポツダム屈指のストライカー、チーツZietz選手。FCRのキーパー、ウルズラ・ホルUrsula Holl選手、飛んだ方向は合っていたのですがタイミングがわずかに遅く、ポツダムが先制します。

その後FCRの選手達も何度もゴールチャンスがあります。29分にはポップ選手がヘディングで、32分にはヴェンジング選手が25メートルから強烈なキックでゴールを狙いましたが、それぞれバー、ポストにはじき返されてしまいました。

<後半もことごとくバー、ポスト・・・>
0-1で迎えた後半戦。試合再開後間もなくキャプンテン、インカ・グリングスInka Grings選手が25メートルからシュート。2千人を超える観客が「おーっ!」と思ったものの、これもバーの下端にぶつかって、跳ね返ったボールはフィールドの中に・・・。

70分、リンダ・ブレソニックLinda Bresonik選手に代わって梢選手の登場です。

交替後間もなく、ポップ選手がゴール右サイドからセンタリングパス。ゴール前には梢選手とグリングス選手!が、これが2人ともタイミング?呼吸?が合わずゴールならず。
動画を見ると梢選手、意図的にスルーしているようにも見えるんですが・・・う~ん、ゴール前でぴったり息を合わせて得点を挙げるって、ホントに難しそうです。

そしてFCRファンの応援が絶叫状態になってきた86分。ゴールの20メートル前でボールを受けたグリングス選手がシュート!これもバーの下部に当たりますが、今度は落ちたのはゴールの中!!やったー、同点!!

試合終了直前に追いついたFCR、そのまま同点をキープして引き分けに持ち込みました。両チームともシュート数の多い、なんとも見応えのある試合でした。

この試合の結果により、ポツダムはBL1位のポジションをキープ。第7節に勝利を挙げ、勝ち点3を獲得したフランクフルトとミュンヘンがここまでの勝ち点でFCRを上回り、FCRは4位となりました。

これから2週間アウェイの試合が続きます。頑張れFCR!!

FCR Duisburg
 Holl Himmighofen, Bresonik (70. Ando), Wensing, Popp Kiesel, Oster (58. B. M?ller) Laudehr, Maes, Weichelt (35. Islacker) Grings

1. FFC Turbine Potsdam
 Sarholz Wesely, Peter, Henning B. Schmidt, Ke?ler (81. Demann), Zietz, Odebrecht I. Kerschowski (75. Schr?der), Mittag, Nagasato

ゴール
 0:1 Zietz (13. Foulelfmeter)
 1:1 Grings (86.)



(後援会 H. T.)
関連記事

ブンデスリーガ 報告/報道コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 2010年10月3日バード・ノイエンアー戦 《速報》
≫次の記事 adidas会 安藤梢より

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。