Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

147:2010年11月28日 対ミュンヘン戦

2010/12/01 (Wed) 09:46
2-1(2-0)でFCRが勝利!梢選手はフル出場!!

ホームで行われた対ミュンヘン戦、快晴ではあったものの、11時の時点で気温は氷点下、グラウンドも凍ったまま・・・。さらにこの試合にはこのところ肉離れで離脱中の正キーパー、ウルズラ・ホルUrsula Holl選手に加え、先週木曜日の国際親善試合(対ナイジェリア戦)で負傷したキャプテン、インカ・グリングスInka Grings選手も欠場。FCRにとってはさらに厳しい状態でのキックオフとなりました。

先週のハンブルグ戦に続き、梢選手はスタメンで登場しました。そういえば試合前日に出されたFCRのニュースリリースの中には、「グリングスが出場できるかどうかは不明だが、アンドウとイスラッカー(マンディ・イスラッカーMandy Islacker選手)がいるから大丈夫だ」と書かれていましたね。。。

キックオフ直後からFCRがゲームの主導権を握っていきます。試合開始2分後、リンダ・ブレソニックLinda Bresonik選手が放ったシュートをミュンヘンのキーパーがハンブル。ゴール前でこぼれ玉をイスラッカー選手が再度シュートしましたが、惜しいところでキーパーに抑えられました。惜しかったー!

その後も16分、18分とFCRにゴールチャンスが続きます。しかし固く凍ったグラウンドで、選手達は滑って転倒したり、思うようにダッシュしたりストップしたり出来ない様子。さらにボールが思わぬ方向にバウンドすることもあって、ボールのコントロールがとても難しいのか、なかなか得点に結びつきません。

00d38063cf_convert_20101202075018.png


26分にはディフェンスのルイーザ・ヴェンジングLuisa Wensing選手が負傷して交代します。

しかし優勝争いから脱落しないためには、絶対に勝点を挙げなくてはならないことは、選手達が一番良く分かっています。そして39分、ようやく最初のゴールが決まります。フェムケ・マース選手が左サイドから出したセンタリングパスに、アレクサンドラ・ポップ選手が飛びつき、得意のヘディングでゴール!先制点です!

5944bd9471_convert_20101202074535.png



さらに前半終了直前、イスラッカー選手→マリーナ・ヒミングホーフェンMarina Himminghofen選手と回ってきたボールを、ゴール前の絶好の位置で待ち構えていたジモーネ・ラウダーSimone Laudehr選手がこれもヘディングシュート!追加点を挙げ、2-0で前半終了です!!

66740ca4df_convert_20101202074215.png


そして後半。正午を過ぎても気温は上がりません。FCRはミュンヘンの守備を崩すことができず、2-0のまま試合が進みます。65分、ジェニファーオースター選手が右サイドから攻め込み、最後にゴール前に走り込んできた梢選手にパス。しかしミュンヘンのキーパーが一瞬早くボールに飛びつき、梢選手のシュートは阻まれてしまいました。惜しい!!

733928f0c4_convert_20101202074727.png


試合終了4分前、ミュンヘンのロッツェンLotzen選手がゴールを決めて一点差に追い上げてきますが、FCRも守りを固め、2-1で試合終了となりました。

勝利を挙げたとは言え、FCRのマルティナ・フォス・テクレンブルグMartina Voss Tecklenburg監督はこの試合内容に完全には満足していないようです。「特に最後の25分、ボールをキープすることができなかったし、後方で何となくプレーしているだけで、明確なアクションが取れていなかった。来週のフランクフルト戦に向けて、この点を改善しなければならない」と語っています。

次回の対戦相手であるフランクフルトは現在リーグ1位。是非とも直接対決で勝利を挙げて、順位を伸ばして欲しいです!!頑張れFCR!!
関連記事

ブンデスリーガ 報告/報道コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 悪天候で試合延期続出、女子ブンデスリーガ冬休みへ
≫次の記事 女子W杯2011抽選結果

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。