Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

154:2011年1月29日 対フランクフルト戦

2011/01/30 (Sun) 17:20
宿敵フランクフルトに0-1で勝利!

DFB TV ハイライト動画
DFB TV フル動画

12月に予定されていたブンデスリーガ第16節、対フランクフルト戦。悪天候のため延期となっていた試合です。
15節終了時点でブンデスリーガ順位表では

1位 ポツダム  40点
2位 フランクフルト 39点
3位 デュイスブルグ 35点

4位以下に10点以上の差を付けて、この3チームの接戦となっています。優勝争いに留まるためにも、来シーズンの欧州選手権への出場権を確保するためにも*、2位フランクフルトとの直接対決は必勝です。
*欧州選手権の出場権はブンデスリーガの上位2チームに与えられます。

この試合に向けて先週は入念なトレーニングを続けていたFCR。正キーパーのウルズラ・ホルUrsula Holl選手が腰痛のために離脱中ですが、それ以外の選手は多少の怪我はあるものの、プレイできない状態ではないようです。マルティナ・フォス・テクレンブルグMartina Voss Tecklenburg監督は4-1-4-1の布陣で試合に臨みました。ゴールは2番手キーパーのクリス・ベリングホーフェンChris Bellinghoven選手が守ります。

ワントップはキャプテンのインカ・グリングスInka Grings選手、後にはジモーネ・ラウダーSimone Laudehr選手、フェムケ・マースFemke Maes選手、リンダ・ブレソニックLinda Bresonik選手、ジェニファー・オースターJennifer Oster選手が並びます。梢選手はベンチスタートとなりました。

何が何でも勝ち点を挙げる意気込みでキックオフを迎えたFCRイレブン、しかし試合はフランクフルト主導で進みます。ウォーミングアップをしながら試合を見守っていた梢選手は「何回も心臓が止まりそうになった(試合後談)」。

キックオフ後わずか15分の間にもフランクフルトに何度も絶好のゴールチャンスが訪れるのに対し、FCRは30分にラウダー選手が放ったミドルシュートが最初のシュート・・・。これもゴール上にそれてしまいました。

一方フランクフルト攻撃陣も、何度もゴール前まで攻め込むものの、ゴールが決まりません。FCRはキーパーのベリングホーフェン選手がナイスセーブを連発!ゴール前で1対1になって「あぁ~これは決められる!」と思う場面でも、素晴らしいリアクションでゴールを死守して相手の得点を拒みました。

FCRは危ない場面をなんとかしのぎ、前半は0-0のまま終了しました。

そして後半スタート。開始後約10分でオースター選手に交代して、梢選手が投入されます。同時に4-1-4-1から4-4-2にフォーメーションを変更して作戦変更です。

交替後すぐ、ブレソニック選手からフィールド中央付近でボールを受けた梢選手、左サイドを走って来たグリングス選手にパス。そしてセンターに飛び込んで来たマース選手がヘディングパスを受けてシュート!
・・・が、キーパーにはじかれてしまい、コーナーキックとなりました。

このCKも残念ながら決まりませんでしたが、この辺りから試合の流れがFCR優位に変わってきます。それまでつながらなかったFCRのパスが確実につながるようになり、逆にフランクフルトがキープしたボールにFCRの選手達が粘り強く食い下がって奪い取る場面が増えてきました。

kozue-0129

kozue-0129-2



そして72分。この1月にFCRに再加入したDFゾニヤ・フスSonja Fuss選手からのロングパスに、オフサイドぎりぎりのところから走り込んできたグリングス選手がフリーで追いつき、最後は右足の先で軽く持ち上がげるようにしてシュート!!これが前に出て来たキーパーの頭をフワリと越えて、空になったゴールに飛び込みました!!

やったー、FCR先取点!!

inka-tor-0129

inka-tor-0129-2

試合終了までまだ25分。この1点を守り抜いて勝利に持ち込みたいFCRは、ドイツ代表に名を連ねるブレソニック選手を後ろのディフェンスラインに下げ、ルイーザ・ヴェンシングLouisa Wensing選手を前に送ります。この布陣が功を奏し、その後フランクフルトにはほとんどゴールチャンスがありませんでした。

そして試合終了。昨シーズンから対フランクフルト戦2連敗していたFCRが、苦戦しながらもようやく勝利を収めました。同時にこの結果を受けてリーグ戦2位のフランクフルトとは勝点1点差、1位のポツダムまでも2点差と迫り、リーグ優勝が射程内となってきました。

梢選手、直接の得点やアシストこそありませんでしたが、「絶対勝ちたい!」という意気込みの伝わってくるナイスプレーを連発!試合終了後には普段辛口のキャプテンのグリングス選手から、「Kozue, gut gespielt! (コズエ、いいプレーだったね!)」と声を掛けられたそう。

さて来週はいよいよ1位ポツダムとの対決です。頑張れ!FCR!!
関連記事

ブンデスリーガ 報告/報道コメント(1)トラックバック(0)|

≪前の記事 女子DFBカップ準決勝 本日組合せ抽選!
≫次の記事 2011年1月29日Frankfurt戦 《速報》

コメント

113:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/30 18:59 | # [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP