Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

163:2011年2月20日 ヴォルフスブルク戦 2-1(1-0)

2011/02/21 (Mon) 06:41
ケテラーKetelaer新監督のもとでの初めての試合は、2-1で勝利を収めました。

注目の布陣は4-4-2。今日はリンダ・ブレソニックBresonik選手が体調を壊して休場。
サイドに上がったアレクサンドラ・ポップPopp選手が25分と50分にゴールを決めます。
故障中のウシ・ホールHall選手に代わって出場した第2キーパーのベィングホーフェン選手は、またもや好セーブをみせてくれました。

安藤梢選手は70分から出場。このところ、左サイドでの起用が多かったのですが、ケテラー監督は安藤選手をトップに置きます。なかなかパスが回って来ず、残念ながら得点はありませんでしたが、今後に期待!

試合後の会見では、フォス・テクレンブルク前監督の解任についての説明会見が行われました。
ブンデスリーガでは3位以上が絶望的、カップ戦は準々決勝敗退、このままではチャンピオンズ・リーグも勝てずにタイトルなしでシーズンを終える見込みが高い、というのが理由でした。特にカップ戦において格下のバイエルン・ミュンヘンに負けたことが、解任に踏み切るきっかけになったとのこと。

今シーズンの試合は残りわずかですが、選手たちが新たな気持ちでシーズンを戦いきってくれることを願いましょう!

FCR:
Bellinghoven
Himmighofen, Kiesel, Fuss, Wensing
van Bonn
Laudehr, Maes (87. Knaak), Popp (90. Oster)
Grings, Islacker (70. Ando)

得点:
1:0 Popp (25.)
2:0 Popp (50.)
2:1 Wagner (83.)

関連記事

ブンデスリーガ 報告/報道コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 なでしこジャパン ポルトガル遠征メンバー発表
≫次の記事 フォス・テクレンブルク監督 事実上の解任

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。