Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

187:FIFA.com コラムより

2011/07/12 (Tue) 10:18
FIFA.comに掲載された記事を日本語訳しました。
原文はこちら

日本の安藤の、特別な瞬間

日本が今回のFIFA女子ワールドカップで準決勝進出を決めた。これは安藤梢にとっては、その事実以上に重要な意味を持っている。

「なでしこジャパン」のフォワード安藤は、前回の優勝国であり、開催国でもあるドイツとの対戦において、重要な役割を担うことだろう。しかし安藤にとってこの試合は、彼女のチームを4強に導くためにチームに貢献する場だというだけでなく、彼女が過去2年間サッカープレイヤーとして経験を重ねてきた国と対戦する機会でもある。

それは同時に、インカ・グリングス、ジモーネ・ラウダー、アレキサンドラ・ポップといった、安藤がデュイスブルグで共に「雌ライオン」(注:FCR2001デュイスブルグのマスコットキャラクターは雌ライオン)としてプレーしてきた選手たちと実力を競い合うことをも意味している。

さらに偶然なことに、この試合は安藤の29歳の誕生日に行われるのだ。

日本とドイツそれぞれのチームの実績や対戦結果が、試合の勝敗を予兆するのだとしたら、この日に安藤が歓喜の中で誕生日を祝える可能性に賭けるのは、分が悪そうだ。

ドイツがフランスを相手に圧倒的な強さを見せて4-2で勝利を収めた日、日本は対イングランド戦で2-0の敗北を喫した。

開催国ドイツチームへの国中からの声援は、チームが快進撃を見せるにつれて急激に勢いを増している。過去に行われた日本対ドイツの対戦結果が、ドイツの8勝1引き分けとなっていることからも、地元の人々がドイツの勝利を確信するのも十分に根拠のあることのように見える。

なにしろドイツは1999年のワールドカップ準々決勝でアメリカに敗れて以来、12年間にわたり世界大会での無敗を維持し続けているのだ。

「本当はドイツとは決勝で対戦したかったけれど、準々決勝で当たることになってしまった。こうなった以上、日本チームがするべきことは、この試合に勝つことだけ」FIFA.comの取材に、安藤はこう答えた。

「ドイツ代表チームには、(デュイスブルグの)チームメイトがたくさんいる。私たちはお互い決勝で会おうと言っていたんだけど。」

「私は”なでしこ”のサッカーをドイツのチームメイトや、世界の人々に見てもらいたい」と、最新のFIFA・コカコーラ世界ランキングでトップ5入りを果たした日本チームの安藤は言う。

「ドイツは強くていいチーム。私たちは試合中の数少ないチャンスを活かして、相手からの攻撃に耐えながらリズムに乗って戦わないと」

昨シーズン、安藤はデュイスブルグで16ゴールを決めた。今大会ではまだ得点を挙げていないが、ドイツを相手にゴールを狙いたいと言う。

過去埼玉レイナス、浦和レッズでもプレーをしてきた安藤。「結果はともかく、この試合は本当に特別なものになる。」

「ドイツは私にとっては第二の故郷。今まで2年デュイスブルグでプレーしてきて、この国でFIFAワールドカップを戦えるというのは、特別な感慨がある。」

過去2年のUEFAチャンピオンズ・リーグに参戦し、いずれも準決勝まで進出したことから得た自信もある。

「ドイツでの経験は私に自信を与えてくれた。ボールを獲るために求められるスピード、攻撃性のレベル、そういったものに適応できている。」

前回安藤がヴォルフスブルグを訪れた時(注:2010年10月10日ブンデスリーガ第9節 対ヴォルフスブルグ戦)は複雑な結果が残った。自身は1ゴールを決めたものの、チームは3-2でヴォルフスブルグに敗れたのだ。

もちろん今回はまったく違う経験になるだろう。安藤とチームメイトたちは「スタジアムはきっと満員になる」と予想している。「私たち皆、この試合をとても楽しみにしている。待ちきれないぐらい。」


関連記事

なでしこジャパンコメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 FIFA 女子ワールドカップ ドイツ2011
≫次の記事 FIFA 女子ワールドカップ ドイツ2011

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。