Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

26:2010年 3月20日 FFC Frankfurt戦

2010/03/21 (Sun) 00:21
DFB TV 女子ブンデスリーガ FCR 2001 Duisburg 対 1. FFC Frankurt フル動画
DFB TV FCR 2001 Duisburg 対 1. FFC Frankurt ハイライト

ホームビデオ画像(後援会 M&T.O.撮影)

3月20日のフランクフルト戦は、久しぶりにFCRデュイスブルグのホームスタジアムであるPCCスタジアムでの試合となりました。このスタジアムは悪天候によるコンディション不良のために、先月より使用不可となっていたので、梢選手にとっては初めてのホームスタジアムでの試合です。

対戦相手は現在ブンデスリーガの順位表で、デュイスブルグ、ポツダムに次ぐ3位のフランクフルト。もともと強豪である上、トップ争いに食い込みたいフランクフルトが必死の攻撃を仕掛けてくるのは明白です。デュイスブルグにとっても絶対に負けたくない一戦です。

試合開始前、グラウンドに入場してきた11人のデュイスブルグ選手の中に、梢選手の姿はありませんでした。今日はスタメンではない様子。

IMG_1502_convert_20100321071017.jpg

そしてキックオフ。
しかしFCRの選手たち、どうも勢いがありません。
何度かゴール近くまでボールを運びますが、相手のディフェンスに阻まれてゴールをものにすることができず。エースストライカーのInka Grings選手には2人のディフェンスが張り付き、後につなげることのできるパスが受けられません。うーん・・・今日までの2週間でロンドンやベルリンへの遠征を含む5試合を戦っているだけに、連戦の疲れなのか・・・。

FCRが苦戦を強いられていた25分、フランクフルトの選手が先制のゴール。

その後30分と31分に、FCRのSimone Laudehr選手とFamke Maes選手に絶好のゴールチャンスが訪れたものの、得点に結びつけることができません。

IMG_1531_convert_20100321071800.jpg

フランクフルトにリードを許したまま、前半終了となりました。

後半開始直後から梢選手がウォーミングアップを始めました。これは梢選手投入?期待が高まります。

そして後半56分。Marith Priessen選手に代わって梢選手が登場です。

IMG_1546_convert_20100321072551.jpg


しかしながらFCRの選手たちの攻撃は、後半に入っても精彩を欠いたままです。
梢選手も必死にボールを追いますが・・・

IMG_1590_convert_20100321074341.jpg

IMG_1582_convert_20100321080103.jpg

試合展開は依然フランクフルトに有利なように見えます。そしてフランクフルトは63分に追加点を挙げ、スコアは0:2に。

結局FCRは効果的な反撃に出ることができず、0:2のまま試合終了。FCRにとって痛い敗戦となってしまいました。

試合が終わってFCRのほとんどの選手が座り込んだり、じっとうつむいたりしている中、審判団に駆け寄って握手で敬意を表することを忘れなかった梢選手の姿がとても印象的でした。

IMG_1600_convert_20100321074954.jpg


FCRのMartina Voss Tecklenburg監督は試合後のインタビューで、「良い試合運びを組み立てることができなかった。とても多くのパスが失策だったように感じる。最近の連戦が敗戦の原因ではない」と語っています。

勝負ですからもちろん負けることだってあります。梢選手だって数々の勝利や輝かしい記録の影に、多くの敗戦を経験しているのでしょうね。しかし先月梢選手が移籍してきてから女子サッカーを見始めた「ファン歴1か月」の私たちは、梢選手の敗戦を目の当たりにしたのは初めてのこと。そんな手痛い経験を乗り越え、打ち勝って、さらに上を目指している梢選手がますます眩しく感じられた試合でした。

来週のポツダム戦に向けて、心機一転頑張って!応援しています!!
(後援会H.T.)
関連記事

ブンデスリーガ 報告/報道コメント(1)トラックバック(0)|

≪前の記事 2010年 3月24日 Turbine Potsdam戦
≫次の記事 2010年3月17日 ブンデスリーガ 対TeBe Berlin戦

コメント

4:来週こそ!

いつもありがとうございます。
遠く日本から、選手の名前しかわからない(?)ハイライト映像を見ながら応援しています。
来週のポツダム戦は快勝してくれるといいですね。
今後もよろしくお願いいたします。

2010/03/22 01:26 | Kei #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。