Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

29:2010年 4月03日 DFB杯準決勝

2010/04/04 (Sun) 00:15
対Turbine Potsdam戦
ホームビデオ画像 (後援会M.&T.O.撮影)


DFB杯(Deutsch Fussball Bund Pokal)準決勝、曇り時々雨というイマイチのお天気の中での試合となりました。対戦相手は先週ブンデスリーガ戦で惜敗を喫したポツダムです。

梢選手は今日もInka Grings選手との2トップの一角としてスタメン出場しました。

IMG_1844_convert_20100404053716.jpg

IMG_1853_convert_20100404061148.jpg


FCRはMaria Hegering選手が怪我のため欠場、一方ポツダムの方はかかとを少し痛めているストライカーのBajramaj選手をスタメンから外し、今年ポツダムに移籍して来た日本人の永里選手や元FCRのSchroeder選手、Odebrecht選手等を起用してきました。

このところ2連敗(対フランクフルト、対ポツダム)と苦戦中のFCR。今日はキックオフ直後から絶対に勝つ!という気迫溢れる闘いぶりです。

最初のゴールチャンスは試合開始4分後。ゴール前18メートルでボールを受け取ったエースGrings選手のシュートは、ゴールをほんの僅かに外れて右のポールに当たりました。その2分後にもGrings選手がヘディングシュート。しかしこれはポツダムのキーパーに押さえられました。

その後17分と18分に、ポツダムはフリーキックとシュートでゴールを脅かしますが、いずれもFCRのキーパーHoll選手が見事に押さえました。

先週の試合同様、実力が拮抗した両チームの激しい闘いが続きます。両チームとも一歩も譲らず、互いにブンデスリーガ屈指のストライカーを擁していながら、シュートの数が少ないゲーム運びとなりました。

梢選手、常に2人のディフェンスにがっちりガードされながらも、何度かゴール近くまでボールを運びますが、得点には至らず。

IMG_1888_convert_20100404072045.jpg

それでも梢選手らしい素早いプレーなどには観客席のFCRファンから拍手や声援が送られていました。

IMG_1892_convert_20100404072709.jpg


そんな中FCRのPopp選手が接触プレーで負傷。しばらく起き上がれないほどでしたが、一端ラインの外に出た後、数分後にふたたびグラウンドに駆け込んだ時には、「ポッピー!」という声援と大きな拍手が沸き上がりました。

前半は両チーム無得点のまま終了。そして後半スタートです。

IMG_1896_convert_20100404071430.jpg


降り続く小雨で、フィールドの選手たちはすでにずぶ濡れでしょう。ポツダムは後半から温存していたストライカーBajramaj選手を投入してきましたが、それですぐに均衡が崩れることはありません。

雨でコンディションの悪いグラウンド。その中を全力で走る梢選手。頑張れ~!!

IMG_1919_convert_20100404073542.jpg


局面が大きく変わったのは63分。ゴールの約35メートル前でGrings選手がボールを受け取り、テクニシャンで知られるBresonsik選手にパス。Bresonsik選手は4、5メートルのドリブルで2人のディフェンスをかわすと、ゴール約22メートル前で左足で軽くボールをすくいあげるように華麗なシュート!これが見事にゴールの左端に決まりました!!

先制点を決めて勢いに乗ったFCRは、その後もゲームの主導権を握っていきます。選手たちも本来の自信をすっかり取り戻し、多少危ないシーンはあったものの、ポツダムに決定的なチャンスを与えません。

69分にOster選手と梢選手に変わってLoannidou選手とBeckmann選手が出場しました。

FCRはディフェンスのPopp選手とWensing選手の活躍のもと全力で1点を守り抜き、1:0でポツダムを下し先週の雪辱を晴らしました。

試合後大喜びの選手たち。DFB杯決勝進出決定ですから、嬉しいですよね。私たち後援会のメンバーにとっては、輪の中に梢選手が自然に溶け込んでいるのがとっても嬉しいです。

IMG_1935_convert_20100404064516.jpg

IMG_1949_convert_20100404080255.jpg

IMG_1960_convert_20100404080834.jpg



試合後ポツダムのSchroeder監督は次のように語っています。
「今日の試合はFCRが勝つに相応しい内容だった。我々には勝ちたいという意思が足りなかった。FCRの戦いぶり、特にミドルフィールドの働きは素晴らしかった。」
「最初にGrings選手がポールに当たったシュートを打った時に、勝敗が決まったようなものだ。我々とFCRの試合はいつも最初のシュートを打った方が勝つんだ。」

そしてFCRのMartina Voss-Tecklenburg監督は「今日はそれぞれの選手がとても効果的で存在感のある働きをしてくれた」と、今日の勝利でほっと胸を撫で下ろした様子。「しかしながらポツダムはいつも通り手強い相手だった。ポツダムにも何度も小さなチャンスがあった。そしてそういった小さなチャンスが得点に結びつくことも往々にしてあるものだ。でも今日はそうならなかった。」
「今日の勝利はDFB杯のみならず、今後欧州選手権でポツダムと戦う上でも心理的にとても大きなプラスとなった」と終始笑顔で語っていました。

決勝の相手は今日3:0でエッセンEssenを下したイエナJenaに決定しました。決勝戦は5月15日、ケルンで行われます。
(後援会 H.T.)
関連記事

DFBカップ 報告/報道コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 ポカール決勝進出☆ 安藤梢より
≫次の記事 ブログ始めます! 安藤梢より

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。