Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

82:厳しい診断:アニケ・クラーン選手が前十字裂傷

2010/08/13 (Fri) 18:26
アニケ・クラーンAnnike Krahn選手が負傷し、しばらくプレイから離れなければならないことが明らかになりました。以下、クラブからの発表内容です。



ブンデスリーガ開始直前にFCR2001Duisburgは大変悲痛なニュースを伝えなければならない。ディフェンスの主力でチーム貢献度大のアニケ・クラーンAnnike Krahn選手が、膝に前十字裂傷を受け、数か月治療に専念しなければならないことが明らかになった。

この世界チャンピオンは火曜日に行われたチャンピオンズリーグ予選第三戦目のグラスゴー戦終了直前に負傷した。

FDR会長のディター・オスターは、我々の愛すべきアニケ選手に対してつぎのようなコメントを寄せている:「これはアニケ自身にとっても、われわれクラブにとっても、非常に大きな打撃である。というのは、当然これだけのレベルの選手の代行は簡単にはできないのだから。」全チーム及びファンクラブなど、クラブ全体を代表し、オスター会長はアニケに「心からのお見舞い」を表明するとともに、アニケのチームに対して「今こそ、我々のアニケのためにも、全員が一つになり戦う時である」とその責務を新たにした。


代表選手でもあるアニケ自身は、MRIの結果を受け当然非常に落胆していたが、すでに将来に目を向けている。「もちろん初めは非常に厳しい診断だと思ったが、しかしこれが最終的な事実で、変えることはできない。したがって、私は今この事実を受け入れ、先のことを考えるように努めている。これからは、一刻も早く回復するためにリハビリに全力を注ぐつもりだ。いつになるか?それは私には予測できない。治療経過の進み具合を、一歩一歩確かめていかないとわからないだろう。皆さんからのお見舞いの言葉に感謝している。」
関連記事

その他 FCR 報告/報道コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 女子サッカーが日本オリンピック委員会(JOC)マルチサポート対象に
≫次の記事 UEFA女子チャンピオンズリーグ・予選ラウンド終了

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。