Twitter!

FCRjapan < > Reload

目次

リンク

最新コメント

本サイトについて

FCR2001Duisburg及び安藤梢選手の情報を日本語でお伝えするサイトです。
FCRの承認のもとで、安藤梢選手デュースブルク地元後援会が運営しています。情報の正確さに努めていますが、間違いなどがありましたらどうぞご指摘下さい。いただいたコメントは安藤選手とともにすべて読ませていただきますが、リクエストや質問全てに対し個別にお答えすることはできないことを、あらかじめお詫びいたします。何卒ご了承ください。

FC2カウンター

メールでのお問い合わせ

ファンレターのあて先

ファンレターのあて先は以下のとおり。
小包などは、受取人が関税を支払わなければならない場合がありますので、プレゼントを送付くださる場合は、大きくならぬよう、ご配慮願います。 サインカードをご希望の方は、返信用封筒に宛名を書き、切手を貼ったものを、同封してください。
FCR 2001 Duisburg e.V.
Muendelheimer Str. 123-125
47259 Duisburg

QRコード

QR

RSSリンクの表示

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

85:2010年8月15日 ブンデスリーガ開幕

2010/08/15 (Sun) 21:14
初戦 対レバークーゼンLeverkusen 9-0で快勝!

いよいよ2010/2011年シーズンのブンデスリーガ開幕です。FCR初戦はホームでレバークーゼンと対戦し、9-0(4-0)と圧倒的な強さで快勝!FCRは主力選手数名を怪我で欠いており、万全の体勢で迎えた開幕とは言い難い状況ですが、そんな不安を吹き飛ばす幸先のいいスタートとなりました。

梢選手はスタメンで出場。58分にテューリッド・クナークTurid Knaak選手と交代するまでに1アシスト1ゴールを決め、昨日の記事で約束した通りチームの勝利に貢献しました!

試合に先立って2009/2010年シーズンの得点王、そして年間最優秀選手賞に輝いたFCRのキャプテン、インカ・グリングスInka Grings選手に、ドイツサッカー協会副会長とサッカー誌「キッカーKicker」の編集長から祝福の花束が贈呈されました。

また今年7月13日から8月1日まで開催されたU20ワールドカップで、優勝したドイツチームのメンバーとして活躍したFCRのマリーナ・ヘゲリングMarine Hegering選手(キャプテン)とアレクサンドラ・ポップAlexsandra Popp選手(得点王!)、クナーク選手にも、ドイツサッカー協会よりそれぞれ花束とプレゼントが贈られました。

<そしてキックオフ>
今日のデュイスブルグは最高気温が20度以下、午後2時のキックオフの頃には雨まで降り出して、観客席は寒いほどでした・・・が、試合開始後わずか3分。ポップ選手から左のジモーネ・ラウダーSimone Laudehr選手に回ったボールを、ラウダー選手がグリングス選手に向けてパス。グリングス選手はそれを意図的にスルーし、後ろにいたフェムケ・マースFemke Maes選手が受けて強烈にシュート!見事ゴールが決まり、FCRの今シーズン初得点を挙げました!ポップ→ラウダー→グリングス→マースと、FCRスタープレーヤー達の華麗な連繋プレイに、デュイスブルグ側の観客席は寒さも吹き飛ぶ大歓声に包まれました。

その後もFCRが一方的に攻める展開が続きます。24分にはアンネミケ・キーゼルAnnnemike Kiesel選手のコーナーキックを、ポップ選手がヘディングで押し込み追加点を挙げました。

そして29分、センターでボールを受けた梢選手、『お手本のようにmustergueltig』(FCR公式ニュースリリースより)ドリブルしながらディフェンス2人を引きつけ、走り込んできたキャプテンのグリングス選手にパス。完全にフリーになっていたグリングス選手が今シーズン最初のゴールを決めました。

Bild+030_convert_20100816054050.jpg

Bild+047_convert_20100816054422.jpg


それからわずか1分後にはキーゼル選手のコーナーキックを梢選手がゴール前で、わずかにボールに触れる程度の絶妙なテクニックで、ディフェンス陣の間を抜いてゴール!!今シーズン最初の得点を挙げました。やったー!! (一瞬のことでゴールの瞬間の写真がありません・・・スミマセン)

Bild+067_convert_20100816054959.jpg


前半終了時点の得点は4-0。観客席からはすでに勝ったかのような大拍手が沸き起こりました。

<後半も止まらない攻撃>
雨はハーフタイムを過ぎても止む気配はなく、時折雨脚が強くなります。梢選手は58分にクナーク選手に交代しました。

その後は「グリングス劇場」とでもいうべき、グリングス選手のゴールが続きます。
まず64分、交代で入ったばかりのクナーク選手がディフェンスとキーパーを引きつけ、最後にグリングス選手にパス。グリングス選手は空になったゴールに悠々とシュートを放って、グリングス選手自身の2得点目(FCRの5点目)を挙げます。

そして74分、78分、82分と次々にゴールを決めて、今日の試合、グリングス選手一人で合計5得点です。

終了3分前、クナーク選手が18メートルから放ったシュートがゴールの右上を捉えてFCRの9点目。2桁得点まで行くか?!とも思わせる展開でしたが、ここで試合終了となりました。

試合終了後、FCRのマルティナ・フォス・テクレンブルグMartina Voss Tecklenburg監督は、次のように語っています。「今日の試合では、今シーズンのFCRの力を疑問視する声を払拭するためにも、我々の実力を明確に示したかった。私のチームの選手たちが90分間、力を抜くことなくゴールを目指して実力を発揮し続けたことを、とても嬉しく思う。北アイルランドでの練習と試合の成果が、今日の試合に如実に表れていた。」

今日の試合で大量得点を挙げたグリングス選手は、自分でも何ゴールしたか判らなくなって、試合終了直後メディアの取材者に「私のゴールは4回だった?5回?」と訊ねたとか。そして「新シーズンのスタートとしては最高」としながらも、「私たちの目標はタイトル獲得だからね」と、今日の試合の大勝にも浮かれる様子はなかったようです。FCRの選手たち、今年も頑張れ~!!

FCR: Holl; van Bonn (58. Himminghofen), Wensing, Roelvink, Popp; Kiesel; Oster (78 London), Maes, Laudehr; Ando (58 Knaak), Grings

(後援会 H. T.)
関連記事

ブンデスリーガ 報告/報道コメント(0)トラックバック(0)|

≪前の記事 DFBカップ2回戦 対戦相手はHerforder SV
≫次の記事 女子ブンデスリーガ2010第1節

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。